【カバンの中身】ミニマリストが毎日持ち歩いている物。-2019.09-

スポンサーリンク



ミニマリストゆった

ゆったです。

今月も毎日持ち歩いていた物を振り返り、カバンの中身を最適化していきます。

まずは、カバンの中身を広げてみました。

ざっとこんな感じですね。ほとんどの物は定着しています。

キャッシュレス生活。財布はコンパクトなMINIMALIST WALLET。


今月は新しい財布を使っていました。
SITUSさんの『MINIMALIST WALLET』。特徴は何と言っても素材。よくある革製品ではなく、タイベックという特殊な素材を使用した財布です。風合いは紙のような質感。耐久性を心配していましたが、1ヶ月使用しても破れることなく使えています。詳しくは記事もあるのでぜひ、ご覧ください。

【ミニマリストの財布】重ねられた魅力。「SITUS MINIMALIST WALLET」 レビュー。 スポンサーリンク

ガジェット類の最小限を追求する。


今の時代欠かすことのできないアイテムであるガジェット類。アップデートを常に意識している分野ですね。
今月は特に新しいガジェットを取り入れた訳ではありません。しかし、必要最小限を持つことを意識しました。

結果として、ガジェットポーチは毎日持ち歩く物には不要という結論に至りました。
ガジェットポーチは細々としたガジェット類を整理整頓して入れておけるので便利ですが、日々の暮らしの中ではすべてを使うとは限りません。

モバイルバッテリー、充電器、必要なだけのケーブル。これだけあれば特に困らないのでガジェットポーチを持ち歩くほどの量ではありませんね。
使用しているモバイルWifiは「GMOとくとくBB」。キャッシュバックが大きいので月々お得に使えるのでおすすめ!

↓充電器はこちらを愛用中。

バックパックの、仕切りの中に直接収納しています。

iPad Proの可能性を模索。


出先での作業。仕事の日でも隙間時間を使ってブログを書いたりしています。
iPhoneだけだとやはり心もとないので、PCかタブレット端末は持ち歩いています。

今月はiPad Proを意識的に取り入れてみました。
iPad Pro10.5インチで身軽なノマド生活を実践してみた。

iPadを持ち歩くメリットも色々とありましたが、結局MacBookを持ち歩く生活に落ち着きそうです。
愛用しているMacBook12インチモデルは軽くて薄いので、iPadと比べても持ち歩くのに不便していません。

作業効率が高いのはMacBookに軍配が上がります。

今月の総評。

自分に必要な物は何か、自分自身で考えて選ぶ。
今月は「自分軸」で持ち物を選ぶことを意識。

他人が良いと思うものが自分に当てはまるかどうかはわからない。
自分基準で考えた結果、失敗は少なかったように思います。

自分にとって必要な物の量とは、

自分が不便を感じない物の量とは、

自分の管理できる物の量とは、

最小限化と、最適化のバランスをより追求できると感じました。

物選びは奥深し。

お読みいただきありがとうございました。

ミニマリストが毎日持ち歩いているもの。カバンの中身。-2019.08- 8月のカバンの中身も合わせてご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。