楽天ROOM開設!アイテム随時更新中!

【Fitbit】おすすめの活動量計フィットビット チャージ2。自分の生活を見直してみよう!


どうもゆたさんです。

新生活はいかがお過ごしでしょうかー!

新生活!自分の生活を見直そう!

というわけで新たなガジェットを購入!!!

それがFitbitCharge2です!!!

これが何かと申しますと活動量計なのです。

以前ブログで書いたんですが、ゆたさんはガーミンのスマートウォッチを持っていました。
以前の記事はこちら→ガーミン

しかし今回!フィットビットという違うブランドの活動量計を購入したのには理由があります!

ライフログの機能をもっと充実させたい!!!です!

■ガーミンからフィットビットに変えた理由

ガーミンのスマートウォッチを購入した目的は自転車に乗る時のサイコンとしての役割が欲しかったから。

サイコンとしての昨日にプラスαでライフログがつけられればいいかなーなんて思って購入したんですが、ライフログを付けることに楽しみを覚えてしまいました。

サイコンとしての昨日よりも、歩数計や睡眠記録を付ける役割の方が重要になってきたんですね。

活動量計といえば、睡眠、歩行の記録ともう一つ大きな用途があります。
それが心拍計。

ゆたさんの持っているガーミンの時計には心拍計は付いていませんでした。
フィットビットに変えた最大の理由はこの心拍計の有無でした。

もちろんガーミンの他製品には心拍計がついたものもあります。
今回色々と調べた結果このフィットビットチャージ2という製品に行き着いたわけです。

フィットビットチャージ2を選んだポイントを紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

■付けているだけで測れる心拍数

チャージ2という製品だけでなく切り替えた最大の理由は心拍計が付いているということ。
自分の日常の管理をしていく上で欠かせない機能の一つです。

自動的継続的に記録できるリストバンド型心拍計。

何もしなくても一日中の記録が取れてしまう。これ以上楽なことはありません。

人間全ての行動の原動力は心臓です。

■睡眠の記録

ガーミンでも睡眠の記録はつけていました。

こちらがガーミンの睡眠記録画面。

そしてこちらがフィットビットの睡眠記録画面。

フィットビットを選んだ理由がここにあります。
そお、睡眠データが詳細でわかりやすい。こことっても重要です。

ガーミンは眠りが浅いか深いかの2種類のデータだったのに対して、フィットビットはレム睡眠、浅い睡眠、深い睡眠の3種類で表します。
より詳しいデータが得られるので参考になりますし、分析が楽しいんですよね。

というわけでフィットビットの利点はアプリの見やすさにもありました。

■まとめ

まだ購入して数日なので詳細な使用レビューは書けませんが今の所いい感じです。
しかし良い部分もある一方で、ガーミンよりも劣る部分も当然あると思います。

また次回使用レビューで具体的に書いていけたらなと思います!
お読みいただきありがとうございました。

4 Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。