2020年 BESTBUYはこちらから

【悲報】Kyashカードの改悪で、手放すことにしました。

スポンサーリンク



ゆった

ゆったです。

残念なお知らせです。
キャッシュレスライフの中心的に運用していたkyashカード。2021年2月の改訂で、その魅力がなくなってしまいました…。

ナンバーレスデザインも好きでしたが、正直使う必要がなくなってしまいました。

手放す理由と、今後のキャッシュレスライフについてを綴ります。
おすすめのカード『Kyash Card』の使い方。

Kyashカードの運用方法。


Kyashとはクレジットカードや銀行口座などと紐づけることで、Kyashのカードへチャージした金額に応じてポイントが付与されポイントをお得に貯められるプリペイド式のカードです。

各種設定は全てアプリ内で行うことができます。
チャージを簡単に行えるのが魅力で、銀行口座から、クレジットカードからと使い勝手も良かったので非常に便利でした。
またクレジットカード本体はナンバーレスデザインでシンプル、とても美しいカードだったので所有欲も満たしてくれるカードでした。

メインのクレジットカード、楽天カードや各種銀行口座と紐付けて使用しており日々の支払いのほとんどはまずKyashにチャージしてから支払いをしており、まさにお金の管理の軸となる役を担っていました。

スポンサーリンク

Kyashの改悪でできなくなった2つのこと。


そんなKyashカードがこのたび利用方法の改定がありました。

これは良い方向への改定ではなく、改悪と呼ばれる悪い方向へと舵が切られてしまいました。

主に2つ、
・ポイント還元率の著しい低下
・クレジットカードからのチャージが不可能に

従来、Kyashはクレジットカードからのチャージ額の2%をポイント付与という形で還元がありました。単純にクレジットカードを利用するのに加え、一度チャージをする手間をかけるだけでポイントを2重に貯めることができたのです。

2%という数字はなかなか魅力的な数字であったのですが0.2%へのダウンは衝撃的でしたね。

さらにどうやらクレジットカードからのチャージができないようで…

これはもう使う必要がなくなってしましました。

お金の管理でも便利だったKyashアプリ。


Kyashのアプリは支払いにおいても便利なカードでしたが、支出管理をするのにも便利なカードでした。なぜならKyashはKyashのカードで利用があった場合その場でスマホに利用状況が表示され支出の記録を全てスマホのアプリ内に自動で記録してくれていました。

月内にどの項目にどういった比率で支出があったからグラフ化されていてとても見やすかった。

日に日に便利にアップデートされていたKyashのアプリだったので今回の改定は本当にショックです。

ひとまず、支出の管理は「マネーフォワードME」でしっかりと記録していく次第です。マネーフォワードは支払いに対して数日のタイムラグが発生する点だけ気になっていますが、より深く細かく管理ができる優秀なアプリです。

支出の記録に関しては、自動化させておくことで日々の支出管理がとても楽です。大事なのは記録した支出を振り返る時間の方ですからね。クレジットカードや銀行のキャッシュカードを一度紐付けて一元管理してしまって支出の流れを見える化させておきましょう。

マネーフォワードMEはここからダウンロードできます

新しいキャッシュレスライフを探していく。


さてさて話が少しそれてしまいました。

以前Kyashについてのおすすめ記事や、Instagramでもよく写真に写して投稿していました。

ゆったがおすすめしたことでKyashカードに興味を持ってくださった方の声も大勢いらっしゃったとお見受けしています。Kyashについての今の気持ちもしっかりと自分の口でお話ししたいと思い今日はこういう記事を書いてみました。

長い期間活用していたKyashカードを手放すことでまた新しいキャッシュレス体制を構築していかなければいけなくなりました。

実は以前購入したお財布もイマイチの使い心地…
30代のメンズが持つ大人の財布。GANZO『シェルコードバン2 純札入れ』レビュー。

今年はお金周りをしっかりと整えていく一年になることを願います。
最後までご覧いただきありがとうございました。

皆様のおすすめのキャッシュレスライフをご教授下さいませ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。