楽天ROOM開設!アイテム随時更新中!

マネーリテラシーを学ぶ。

今日は「マネーリテラシー」について
少しお話をしようと思います。

マネーリテラシーとは一体なんなのか。
リテラシーという単語の意味は、読み書きの能力。また、与えられた材料から必要な情報を引き出し活用する能力。応用力とあります。
つまり、マネーリテラシーとはお金に対する知識や利用能力のこと。

1.お金について勉強してきたこと
そもそも、これまで28年生きてきた中でお金の勉強ってしてきたでしょうか。
少なくとも学校教育では一切お金に対する授業といったものは皆無だったと思います。

生きる上で必要不可欠なお金。なぜ、義務教育の中で学ばないのか。
考えると不思議だと思いました。

2.お金に対する偏見がある
お金に対するイメージってなんでしょうか。
お金は醜いもの汚いもの。世の中にはキレイなお金以上に汚いお金の話が溢れています。
そんなイメージがある中で自然とお金の話は表立ってするものではない、お金は汚いものだという偏見が生まれているの現状があると思います。

3.お金との付き合い方
お金は世の中で必要なもの。
しかし、知識がないがゆえに付き合い方がわからない人がたくさんいると思います。
まさに自分もその中の一人で、これまで当然のようにお金に対する知識は一切持ち合わせていませんでした。
そしていつのまにか、お金を使う側から使われる側へと変わっていってしまいました。

4.お金の教養を身につける
お金の使い方、お金の管理の仕方、お金の稼ぎ方、賢い資産形成資産運用。
これらは自然と得ていくものではなく、自らの意思で学んで行かなければ身につかない能力なのだと思います。なんの意思も持たずにお金を使っていくといまの自分のようにお金との関係で自由にはなれないと思います。

今年の初め、このままではまずいと感じお金に対する様々な書物を読んできました。
お金が貯まらないのはなぜか、世の中にはそういったことを説明する本がたくさんあるという事を知りました。そして同じような悩みを抱えている人も大勢いるのだということを知りました。

何冊もの本を読んでいると結局どの本でも言っていることは同じようなことだと気が付きます。
そして、その改善するための方法というのはシンプルだけれど非常に難しい。というのがこの1年で実感したことでもあります。

1年取組んだ結果、意識する機会は増えているけれどもなかなか改善には繋がっていないのが現状です。

マネーリテラシーを学ぶにはさまざまな角度からお金に対する知識を勉強する必要があると実感しました。お金とうまく付き合う方法は2つ。1つは、強い意志を持つこと。もう一つは継続すること。抽象的でざっくりとした表現ですが、これらがお金と仲良くなるための肝になります。

これからはもう少し本腰を入れてお金の勉強をして行きたい。そしてお金との関係を改善したい。
というわけで形から入る自分は本を買いました。それは「FP3級の教科書」。お金の専門家といえばFP、ファイナンシャルプランナーという資格です。そもそもファイナンシャルプランナーってなんぞや。そんなところから始めるような知識ですがじっくり読んでいってマネーリテラシーを養いたいと思います。

本のフィードバックはブログに書きたいと思います。
以上、今日はここまで。。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。