楽天ROOM開設!アイテム随時更新中!

【寒がりミニマリスト】今季(2018-2019)購入した冬服と冬小物まとめ

ゆった(@minimalistYutta)です。

冬真っ盛り。

この冬いくつか冬服と冬小物を購入したのでご紹介したいと思います。

寒いのが苦手なので、
冬のコーデには防寒を意識します。

寒いのが苦手な人の参考になればと思います。

購入品一覧

  • patagonia クラウドリッジジャケット
  • 無印良品 軽量フレンチダウンポケッタブルノーカラーブルゾン
  • 無印良品 撥水 二重編みトレーナー
  • UNITED ARROWS UASB CTY ポンチ イージーパンツ
  • UNITED ARROWS <K.TSANIKIDIS> M/EARMUFF/イヤーマフ
  • mont-bell クリマエアO.D.キャップ
  • mont-bell ジオライン M.W. ラウンドネックシャツ Men’s
  • mont-bell メリノウール トラベル 5トゥーズソックス

スポンサーリンク


patagonia クラウドリッジジャケット


山用ハードシェルです。
山用と言いつつも最近では都会のファッションでもよく見かけますね。

これまで使っていたものを破いてしまったので、
急遽購入しました。

クラウドリッジジャケットの特徴は、
作りが日本人の体型に合うように作られている点。

パタゴニアはサイズ展開は豊富ですが、
数ある製品の中でも、これは自分の着丈とジャストフィットする数少ない製品でした。

フロント左右に大型のポケットがあり、
手袋などの小物を始めスマホなど、とにかくなんでも収納可能なサイズのポケットが非常に使いやすい。

 

スポンサーリンク

無印良品 軽量フレンチダウンポケッタブルノーカラーブルゾン


今季はインナーダウンの買い替えを検討していました。

モンベルのものと悩んでいたのですが、
売り切れてしまったのでこちらの無印良品のものを買うことにしました。

着心地はとても良いです。

何と言っても軽い。
なんでも、フィルパワー750というふくらみが大きいフランス産の羽毛を使用しているとのこと。

軽くて暖かいは正義です。
ポケッタブルなのでコンパクトに収納できる点もポイント。
スポンサーリンク


無印良品 撥水 二重編みトレーナー


画像:無印良品HPより
私服はトレーナーがメインです。
GUやユニクロをこれまでは着用していました。

今回初めて無印良品のトレーナーを購入。

特徴は、撥水仕様であること。
フロントにチャック付きの両サイドが繋がるポケットがあること。

シンプルですが、こだわりのある作り。
無印で定番化されるようであればリピートしようと思っています

UNITED ARROWS UASB CTY ポンチ イージーパンツ


画像:ユナイテッドアローズHPより
珍しくセレクトショップでお買い物をしました。

ウエスト部分はドローコード仕様、スポーティーで快適な履き心地
センタープレスが施されており、上品な着こなしで、ジャケットなどとも相性○。

カジュアルよりだった服装に、
少し上品さを取り入れたいと思い購入しました。

さすが人気セレクトショップ。シルエットがとても綺麗。

<K.TSANIKIDIS> M/EARMUFF/イヤーマフ


画像:ユナイテッドアローズHPより
同じくユナイテッドアローズで購入したのは、イヤーマフ。

寒さ対策は体の末端を温めることが肝。

耳の保温は特に重要
通勤で自転車に乗る際も一番寒いのは耳です。痛いくらい寒い。

<K.TSANIKIDIS> というブランドはドイツに本社を置くブランド。
ふかふかのファーが見た目にも暖かい。

お洒落で、ちょっとアクセントになって可愛いです。もちろんとっても暖かい。
スポンサーリンク


mont-bell クリマエアO.D.キャップ


画像:mont-bell HPより
なんとこの冬イヤーマフを2つも購入しようとは….。

こちらはアウトドアブランドmont-bellのイヤーマフ付きのキャップです。

生地は毛足の長いポリエステル繊維を編み込んだフリース素材を仕様。
見た目はモコモコでコーデのアクセントになります。

イヤーマフは内側に織り込むことができ、
通常のキャップとしての使用も可能です。

キャップとイヤーマフをくっつけて、
持ち物を一つ減らして出かけられるのはありがたい点でした。

モノとしては増えてしまいましたが、
その日の用途で使い分けられるので購入してよかった。

それほど、寒さが苦手なのです。自分にとっては必要な装備。

mont-bell ジオライン M.W. ラウンドネックシャツ Men’s


寒いのが苦手な人は、これは必需品です。
要は、ユニクロでいうヒートテック。

機能性インナーです。

アウトドアブランドが手がけるだけあって、
保温性、速乾性、着心地と非常に高品質。

ヒートテックを避ける理由は、
速乾性が悪い。

運動したり汗ばむ場面で使用するとべたつくのが嫌です。

ジオラインは着用した瞬間から暖かいのも特徴。
生地の厚みも数種類用意されていて、毎日の使用から、極寒地での使用まで幅広く使えます。

自分は3枚をローテーションで毎日必ず着ています。これはとってもおすすめです!

mont-bell メリノウール トラベル 5トゥーズソックス


寒さ対策の最後は足元。靴下です。

生地はメリノウール仕様で非常に暖かい。
そして自分は5本指タイプを愛用しています。

5本指ソックスは、足の指の蒸れ対策になるので汗で靴下が濡れてしまう心配もないのでおすすめ。

まとめ

以上この冬に購入した冬服、冬小物のまとめでした。
自分的には色々購入していますが、買い替えや買い増しのものが多いのであまり新鮮味は感じていません。

おそらく今後もこれらの服や小物はずっと愛用していくと思います。
来年は手袋も新調したいと考えています。

冬のシンプルな服装、寒さ対策の参考になれば幸いです。
お読みいただきありがとうございました。

↓2019年版の冬服の記事はこちら
冬はパタゴニアを着て過ごす。街で着られるおすすめのウェアを紹介します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。