2020年 BESTBUYはこちらから

iPadを持ち運ぶのに最適!モンベル「タフ ランバーバック M」購入レビュー。

スポンサーリンク



ゆった

ゆった(@yutta_yukisaki)です。

本日は久々にバッグを購入しましたのでレビューを書いていきたいと思います。
ブランドは日本のアウトドアブランドmont-bellです。

今回購入したモンベルのバッグは「タフ ランバーバック M」という製品です。

所有しているiPad Proが入るサイズ感のショルダーバッグを探していたところモンベルの店頭で見つけました!

普段はバックパックを使うことが多いのですが、荷物が少ない時や、コンパクトにiPadを持ち運びたいという目的で購入しました。

「タフ ランバーバック M」の特徴をご紹介していきます。

モンベル「タフ ランバーバック M」の特徴。

「タフ ランバーバック M」の特徴

  • ウエスト、ショルダー、手提げの3way仕様。
  • ボディバッグのような使い方がかっこいい!
  • 420デニール・バリスティックナイロンで丈夫。
  • ダークネイビー、ガンメタルの2色展開。
  • アクアテクトジッパーで水にも強い。
  • 収納力も抜群のオーガナイザーポケット。
スポンサーリンク

「タフ ランバーバック M」のプロダクトデザイン。


それではランバーバックの詳細を見ていきましょう。

まずはデザインから。2種類のカラー展開のランバーバック、ゆったが選んだのは深いグレーが特徴のガンメタルというカラーです。少し光沢のある生地で、表面はナイロンの生地感がわかるような触り心地がします。

生地以外の各パーツは黒、中央のmont-bellのロゴは白に近いグレーで構成されており統一されているカラーリングであることがわかります。

ロゴの下は2本の反射テープが貼られておりデザイン機能的なデザインの一部となっています。


背面にはモスグリーンのクッションが全面に当てられており背中や腰を保護してくれます。

クッション裏には空洞があり、ここにウエストベルト部分を収納してショルダーバッグとして使用することができます。


ゆったが肩がけのバッグを選ぶ際にポイントにしているのが、ショルダー部分のバックルの有無です。バックルがあるとバックの取り外しが容易です。


バッグ上部にはハンドルが取り付けられており、手持ちでバッグを持つときに便利です。これ、あると地味に便利なんですよね。

公式サイトではウエストバッグ、ショルダーバック、手提げとしての3wayで使えると記載されていました。ゆったは自転車に乗って出かける時などで使いたいのでボディバックのように斜めがけにして使う方法で使っています。

「タフ ランバーバック M」の収納力。


続いて、ランバーバックの内面を見ていきましょう。

ランバーバックMには3つの収納ポケットがあります。
まずは一番大きいメイン収納をご覧ください。


メイン収納はiPad Pro11インチがちょうど良く入るサイズ感です。底面にはマチがあるのでiPad以外にもまだまだ収納することができます。ちなみにゆったが使用しているミラーレスカメラも収納できたので、カメラを外に持ち出す時にも使えそうだと発見しました!


メイン部分にはポケットが2つ、スマホや財布を入れても余裕がある幅があります。片側にはキーチェーンがあるので、家の鍵の定位置はここですね。

2つ目の収納部分です。こちらにはiPadは入りませんがジッパーは幅が広いので意外と大きい収納面です。この部分にはマチがないので薄いアイテムを収納しましょう。こちらにもポケットが3つ。

スマホやペンを収納するのにちょうど良さそうなサイズ感です。


そして一番小さな3つ目のポケット。ここは深さがないのでちょっとした小物を入れておきたいですね。ここにはポケットはないのでシンプルな作りになっています。

こちらのタフ ランバーバック Mの容量は6Lです。四角くマチのある形状ゆえ結構物を収納できる印象を持ちました。

「タフ ランバーバック M」の使い方。


ゆったがこのタフ ランバーバック Mを購入した目的は、

・バックパックよりも身軽に
・両手を開けられる使い方ができて
・iPadを外に持ち出したい

これです。

アウトドアのプロダクトデザインにも惹かれて購入致しました。

ショルダーバックには他のバッグにはない利点がありますね。
電車での移動の際には、バックパックは物を取り出す際にはバックを背負い直す手間がありますが、ショルダーバッグであれば簡単に物を取り出せます。

自分の使う用途として、自転車での移動もよくあるので両手が開けられることも必要要素。

今やiPadが持ち運べるかどうかが自分のバックを購入する際の判断基準となっています。このサイズ感で、デザインの好みのバッグをmont-bellで見つけることができたのは嬉しい!

普段使用しているバックパックと使い分けできそうです。

「タフ ランバーバック M」 レビューまとめ。


結構長いことiPadが収納できるショルダーバックを探しておりました。

サイズは大き過ぎないもの、小さ過ぎないものを探し求め、
価格も高すぎるものは気兼ねなく使えなくて嫌だなぁと思いなかなか出逢えないでいました。

このモンベル「タフ ランバーバック M」の価格は税込7,040円。さすがモンベルさんです。

アウトドアのブランドのデザインはやっぱり好きで、自分のこだわりが強く、狭い好みの中にしっかりと収まってくれたプロダクトでした。

これから暖かくなる季節に向かってどんどん使っていこうと思っています!

最後までご覧いただきありがとうございました。
この記事が参考になりましたら幸いです。

>>モンベルの公式オンライン製品ページはこちら

毎日持ち歩いているバッグの中身も記事で紹介していますので合わせてお読みいただけると嬉しいです!
【2021年】What’s in my bag?バッグ中身。持ち物紹介。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。