楽天ROOM開設!アイテム随時更新中!

自己啓発書は読むな?役に立つのか考えてみた。

スポンサードリンク


ゆたさんです。

ふと思いました。
自己啓発書を読む意味を。。。

自己啓発書は果たして人間を高みへ連れていく道しるべと成り得るのか。

答えはNO。

自己啓発書をいくら読んだところで実は成長できません。
なぜか。行動に起こさなければ本を読んだ意味はない。

自己啓発(じこけいはつ)とは、自己を人間としてより高い段階へ上昇させようとする行為である。ウィキペディアより。

ちまたになぜあんなにもたくさんの自己啓発書が出回っているのか。

人間は高い地位を築きたいもの。それは人間として自然な欲求です。

それを望む人間が、自己啓発書を求めるのは当たり前っちゃ当たり前。
どうして自己啓発書を欲するのか。本を読めば手っ取り早く自分を高みへと連れて行ってくれるとでも思っているのか。

で、本を読んで高みへといけた人間はいるのでしょうか。

自分も自分という何もできない人間が嫌であらゆる自己啓発書を読み漁りました。
書かれている内容は確かにーと思うことばかりです。(理解できないこともありますが。)

自分には考えられないような気づきはたくさんあります。
でもいくらたくさんの本を読んでノウハウを手に入れたところで何も変われないんです。

スポンサードリンク


変わるためには本でインプットしたことを、アウトプット(行動)することで成長する。

行動ですね。記事でなんども取り上げていますが、行動することで変化は得られます。

自己啓発書を読んで刺激を受けるのは構いません。
自分もたくさんの刺激を受けてきました。

でも、本を読んでも何も変われない自分がいることに気がつきました。

こんなに本を読んで勉強しているのに、いつまでたっても変われないのはなんでだろう。

アウトプットができるかできないか。その違いです。
自分は今、それに気がつくことができました。

いくら本に良いことが書いてあったとしても、人間の記憶力はそれほど優秀ではありません。数日もすれば本の内容なんてほとんど覚えていないのが現状ですよね?

アウトプットするとは、自分が知り得た情報を言葉にする、書き出す、身体的に行動するということ。
なんらかの目に見える形に変えることが成長に繋がるのです。

自分が行なっていることのメインは、ブログの記事として文章に残すこと。そしてSNSを活用して言葉にすること。

アウトプットの作業はいわば情報の整理です。

インプットしているだけでは、脳はいっぱいいっぱいになり何も身につきません。
アウトプットは客観的に情報の整理ができるので頭の中がスッキリします。

自己啓発書は様々なノウハウを教えてくれる。
しかし、結局それはその人のやり方であって、自分が完全に真似られるかどうかはわかりません。

その人のノウハウを参考にして自分なりのやり方を発掘する。そのスタンスでいることが大事です。

つまり、自己啓発書を読むだけでは意味がいない。
行動してこそ、自己啓発書を有意義に使う術となるでしょう。

オススメの自己啓発書あったら教えて下さい。
以上、お読みいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。