2020年 BESTBUYはこちらから

当たり前は当たり前ではない。固定観念はやめる。

こんにちは。

12月も過ぎるのが恐ろしいほどあっという間に感じます。
よく言えば充実しているんだということにしたい。
仕事も店長になり4ヶ月が過ぎました。
特に特別な事をしたわけではないけれどなるようになる、そんな感じで日々が過ぎていきました。

さて、今日は今の暮らしについて少し思う事を述べようと思います。
タイトル通り「当たり前を見直してみる」という話です。

自分の中の当たり前というのは、
自分ではなかなか疑ったりできないものです。
当たり前とは、自然なこと、普通のこと。

生活の中に溶け込んでいる意識しないようなそんなようなことでしょうか。
自分の今の生活の当たり前はいったいどんなものがあるでしょうか。

朝晩お風呂に入るのが当たり前
朝食は食パンとコーヒーが当たり前
自転車にのって通勤が当たり前
残業をするのが当たり前
夕食は奥さんが作るのが当たり前
食費の買い物も奥さんがするのが当たり前
休みの日は自転車に乗ってうろうろするのが当たり前
都心には行かない。
銭湯に行くのが当たり前
カフェに行くのが当たり前
寝る前のスマホが当たり前

などなど自分の暮らしに定着しているものって
良くも悪くもあると思います。

最近、この当たり前に違和感を感じるようになりました。
きっかけはなんでしょうか。

無理している自分がいるのではないか。
もっとしたいことがあるのではないか。
疑問に思うことがあります。

これら当たり前のことが当たり前ではなくなると
自分の暮らしにどんな影響がでるだろうか。
きっとしなくていい事、必要ない事、あるのではないかと思います。

当たり前が当たり前ではなくなるのは
時に不安な気持ちになるかもしれませんが

意外とやってみるとそうでもなかったりするかもしれません。
今年ももう少しで終わりですが、ここにきてまた考えることができたように思いました。

本日はここまで。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。