2020年 BESTBUYはこちらから

Apple Watchがあれば変わる日常。便利な機能10選。

スポンサーリンク



ゆった

ゆったです。

Apple Watchは実際に使用してみると気付く便利な機能がたくさん詰まっています。今回は実際にゆったが日常で使っているApple Watchの小さな便利機能を10個ご紹介していきたいと思います。まだApple Watchをお持ちでいない方はこんな機能があるんだなと参考にしていただければ幸いです。

1.絶対に起きれる目覚まし


Apple Watchにも目覚まし機能があります。便利なのが手首に付けている状態だと手首の振動で設定したアラームを知らせてくれる点です。この振動によるアラームは、不快な音もなく目覚めさせてくれるので朝の不快感がゼロ。心地よい目覚めにもつながっていてお気に入りの機能の一つです。

スポンサーリンク

2.自分の最適な睡眠時間がわかる


朝起きてまず最初におこなうのが睡眠の質をチェックすること。Apple Watchないの睡眠アプリでその日の睡眠時間や質を確認することができます。睡眠ログを継続して記録すると自分にとって最適な睡眠量が自然と分かります。週単位で、今週は睡眠時間が足りないなどグラフで一目瞭然でわかります。体がだるい、頭が働かない、集中できない。そんな時は睡眠がしっかりと取れていないかも。睡眠のバロメーターを持つと自分の体調を客観的に把握できます。

3.今日は何を着ようか、手元で気温をチェック


朝朝食を食べながら、手元で今日の気温を確認します。モジュラーに天気アプリを入れておけば当日の最高気温と最低気温を一目瞭然で把握できます。Siriを呼び出せば音声案内で天気を確認することも可能。毎日欠かさずに使う機能です。この方法で天気や気温を確認する方法を知ってしまうと、もうスマホで天気アプリを立ち上げることすら手間と感じてしまいます。

4.あと何分で電車がくる?電車がくる時間をカウントダウン

電車での移動時、次の電車はあと何分でくるかな?Apple Watchで登録した駅の次の発車予定時刻をカウントダウン式で確認することができます。時刻表で検索する必要はありません。電車がくるタイミングが手元でわかるので無駄に走って電車に駆け込むことも、時間を持て余すこともありません。

5.音楽の再生、ボリュームの調整はあたりまえ


Apple Watchを身につけてまず最初に得られる恩恵は音楽の管理かもしれません。音量の調節、音楽の再生停止、次の曲の再生などの操作でいちいちスマホを取り出す必要がない快適さ、やみつきです。

6.LINEやメールの確認返信


Apple Watchの機能の代表格、スマホへくる通知の確認を手元でおこなえる通知機能。メールはもちろんLINE、登録しているニュースやSNSの情報などスマホにくる通知のほとんどはApple Watchで確認することができます。着信した通知に対して返信や確認がいますぐに必要なのかどうかを手元で判断することができるようになります。返信や確認の必要があればスマホを取り出せば良いですし、急ぎの通知でなければスマホは取り出す必要はありません。無駄な通知の確認をしなくて済んでスマートです。

7.TODOの管理は手元の管理で忘れない


やることリスト(TODO)はどうやって管理していますか?Apple WatchはTODOリストの管理にとても特化しています。モジュラーに設定しておけば手元で確認ができます。死して消化したTODOは手元でチェックすることが可能。音声ですぐさまTODOを登録することまでできるんです。確認、消化、追加全てが瞬時に操作できるので効率的です。

8.ひらめきはすぐさま音声で記録してアイデアを貯めよう


ひらめきとは、気づきやアイデアを突然浮かぶこと。ひらめきは儚いもので一瞬で記憶から消えてしまいます。大切なのはひらめきは記録してアウトプットしておくことです。メモ帳を取り出す時間、スマホのメモアプリを立ち上げるよりも速く、Apple Watchに音声で記録してしまえば大切なアイデアは忘れることは絶対にありません。

9.財布もスマホも出さないスマートな支払い


日々の支払いもApple Watchで快適にできる環境が整ってきました。Suicaなどの電子マネーはもちろん、PayPayなどのQR決済もApple Watchだけでおこなうことができます。スマホをかざして決済するよりも今はApple Watchで決済することの方が多いかもしれません。お財布を出す機会って今の生活にはほとんどありません。

10.アクティビティ機能で気がつけば行動的な1日を過ごしている。


Apple Watchといえばアクティビティの記録でしょうか。
Apple Watchを身につけていると自然と扱うことになる機能ですが、このアクティビティの記録は想像以上に日々の行動の意識改革につながります。ムーブ、エクササイズ、スタンドの3種類からなるバロメーターで自分では意識できない動きに気づきを与えてくれます。ムーブを達成するためにはもう少し遠回りしたり、エクササイズが達成できないから階段を登ったり、座りっぱなしの時はスタンドで知らせてくれます。健康な暮らしの後押しにApple Watchは役立ちます。

まだまだあるよ、Apple Watchの便利な機能


10個の機能をご紹介してきました。どれも小さな小さな機能ですが、体験するとその便利で快適な機能に驚きます。そしてApple Watchにはまだまだお伝えしきれていない機能がたくさんあります。それは皆さんの暮らしに合わせて役立つものがあるからですね。旅に便利な機能、スポーツに便利な機能、などなど使う人に合わせた最適な使い方ができることがApple Watchの魅力です。

ゆったもまだまだ知らない機能もあるので新しい発見に出会えることが楽しみです。みなさんのおすすめの使い方も教えて頂ければ幸いです。

最後までご覧いただきありがとうございました。
Apple Watchに関する他の記事もあるので合わせてお読みいただけると嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。