Instagram運営コンサル 《詳細はここをクリック!》

【バックパック】次の旅の準備をしよう。incase『VIA Backpack Lite With Flight Nylon』レビュー。

スポンサーリンク



ミニマリストゆった

ゆったです。

まだまだ旅行に出かける雰囲気にはならない今日この頃ですが、

旅の計画、旅の準備は今からしていても、次の旅に思いを馳せてみるのは自由ではないでしょうか。

今回ご紹介するのはincaseというブランドのバックパック。

旅に最適なバッグパック「VIA Backpack Lite With Flight Nylon」をご提供いただきましたので、バッグパックの紹介と一緒に旅の準備をしてみたいと思います。

ゆった

旅がしたくなる、素敵なバッグパックに出会いました。久々にテンション上がってます!

incaseというブランドについて。

incaseというブランドをご存知でしょうか。

実はこのブランド、あのApple社公認のブランドで、Apple製品などのガジェットを収納するのに適したバッグパックやポーチをつくっているブランドですね。

カリフォルニアに本社があり、デザインもスタイリッシュかつシンプルなので、男女問わず愛されているブランドなのではないかと個人的に思っています。

実は、このincaseのブランドには個人的には結構馴染みがありまして、過去使用したiPhoneやMacBookのケースなどで初めて使用しました。


さらに、現在はガジェットポートを愛用しているほど、実は好きなブランドの一つです。

スポンサーリンク

incase VIA Backpack Lite With Flight Nylon レビュー。

ずっと気になっていたincaseのバックパック。今回ご縁があり使わせていただける機会を頂きました。
incaseのバックパックはその用途に合わせて豊富な種類があります。

今回選んだバックパック「VIA Backpack Lite With Flight Nylon」はどんなバックパックなのか詳しくお話ししていこうと思います。

VIA Backpack Lite With Flight Nylon  -外観デザイン-


「VIA Backpack Lite With Flight Nylon」について、まずは外観からチェックしていきたいと思います。

まずは背面。ご覧の通りシンプルな装いです。ロゴはブラックで統一されており、これは大変ゆった好みなデザインです。


全体的にスマートな作りで、外付けされたポケットなどは見当たりません。

バックパックの素材は、フライトナイロンという素材が使われています。210デニールのフライトナイロンは細糸が使われており、高密度に織られているので見た目に上品さが伺えます。耐久性・耐摩耗性に優れていて、破れなどに気を使うことなく使用できるのではないでしょうか。

生地には撥水加工がされていますが、完全な防水というわけではありません。

長方形の形をしており、旅、日常、ビジネスと使う用途を選びません。

持ち手は、縦・横に2箇所。背負っている時だけでなく手に持って移動するにも不憫ない作り。

トラベルでの利用を想定したバックパックなので背面にはキャリーバー取り付けストラップを完備。ショルダーも肉厚で重たい荷物でも負担の軽減が期待されますね。

VIA Backpack Lite With Flight Nylon インテリアデザイン


ではそろそろ中身についても確認していきましょう。

メインの収納部分はバタフライオープン式。

スーツケースのように全面をオープンできるので荷物の整理、管理が非常に楽です。

容量の記載はないのですが、結構な収納スペースがあるので数日の旅行でもこのバックパックひとつで事足りそうですね。


前面側の裏には、大きいファスナー付きメッシュポケットが2つあるので細々とした荷物もまとめられます。


PCなどの収納には専用の収納部分があります。MacBookPro16インチまで対応したサイズで、ふかふかの起毛が精密機械を衝撃から守ってくれる仕様に。

PCはそのまま入れて問題ない上、メイン収納とは別にファスナーが設けられているのが個人的に使いやすいので良いポイントです。

サイドには、アクセスのよい大型のジップポケットと、小物収納に便利な小型のポケットがあるので旅での使い勝手も非常に良さそうです。

さらに、ドリンクボトルや折り畳み傘の収納に特化した専用ポケットも別に用意さてれいます。

十分過ぎるほどの収納力を持った「VIA Backpack Lite With Flight Nylon」。旅で使ってみたいバックパックですが、コンパクトでスマートなデザインなので、日常使いやビジネスシーンでも使えるサイズ感の印象があります。

旅の荷物を入れてみた。


どんな風に収納できるのか、イメージしやすいようにいつか行けるであろう旅を想定してパッキングをしてみました。

持ち物は普段から多くはありませんが、旅となると服や洗面用具など持ち物は増えますよね。

メイン収納は先ほども述べたようにスーツケースのようにざっくりとしたスペース。
こう言ったスペースを有効に使うパッキング方法は、やはりポーチを使用して用途別にまとめるのが便利ですよね。

普段使用しているガジェットポーチをはじめ、洗面用具入れには無印良品の吊すポーチなど相性が良さそう。アウトドアシーンでよく利用されるスタッフサックと呼ばれるアイテムをうまく使うと見栄えもよく、使う用途に合わせてわかりやすく収納できますね。

日常のバックパックとしても使える。


ご覧の通り、普段持ち歩いている荷物ももちろん収納可能です。

やはり便利だと感じるのがそれぞれ専用の収納部分があること。MacBookや傘やボトルは定位置が決まっているのが使いやすい。

上面にある小物収納に特化した場所は、移動の時によく使うアイテムを入れておくのにとても便利。

このバックパックを上手に普段使いするコツは、このざっくりとしたメイン収納部分をいかにうまく使えるか。
ポーチやスタッフサックなどを使用して空間をうまく使うのが大切になってきそうです。

ショルダーは肉厚で、非常にたくましい印象を持ちます。

四角いこの形状のバックは、四隅まで物を収納することができるので、普段持ち歩く荷物の多い人にも愛用していただけるバックパックではないでしょうか。

incase 「VIA Backpack Lite With Flight Nylon」は様々なシーンで活躍できるバックパックだ。


いかがでしたでしょうか。

今回の「VIA Backpack Lite With Flight Nylon」についてまとめると、

VIA Backpack Lite With Flight Nylon

  • シンプルなデザインで男女問わず様々なシーンで使うことができる
  • 旅だけでなく、日常でも人に合わせたカスタマイズが可能なバックパック

このバックパックを選んだ理由は、これらの対しての期待値が高かったからですね。

このバックパックには出会ったばかりで、まだ実際にしっかりとは使えていません。
実際の背負心地や使用感のレビューはまたの機会にさせていただければと思います。

久しぶりにワクワクする新しいバックパックに出会えて使っていくのが楽しみです。
旅でも、日常でも万能に使えるバックパックになりそうです。
お読み頂きありがとうございました。

商品の詳細ページのリンクを貼っておきます。
さらに詳しい情報をお求めの方はご覧下さいませ。
参考 VIA Backpack Lite With Flight Nylonincase

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください