【ミニマリスト】物を買わない生活一ヶ月の振り返り。

スポンサーリンク



ミニマリストゆった

ゆったです。

さて、3月は一ヶ月間物を買わない生活を実施していました。

たくさんのいいね!を頂いていたの実はモチベーションに繋がっておりました。

ありがとうございました。


今回は一ヶ月の振り返りとしてまとめを書いてみたいと思います。

結果から言うと、物を買わない生活は効果絶大。
自分と物の関係を見つめ直す良い機会となりました。

ちなみに、物を購入したかと言うと…

一つだけ購入したものがありました。
しかし無駄使いではなく必要な物を購入したのでよしとします。

では気づきをまとめてみます。

物を買わない生活で、不要なものを次々と処分。


物を購入できないと窮屈に感じられるかなと思っていましたが、これが以外にも気持ちの良いものでした。

確かに初めの頃は意識しないと物を買ってしまいそうでしたし、物を買わないことに対して我慢することがストレスになりそうなだなんて心配もありました。

しかし案外慣れるのも早く、次第に物を買わない生活が普通になってきました。
新しい物が自分の生活に入ってこなくなると何が起こるか。

自分の持っている物を今一度見直したくなる。

新しい物が入ってこなくなると、自然と自分の持っている物へ意識が向けられるようになりました。
一つ一つ自分の持っている物たちと向き合っていると本当に必要なものって少しだけなんだなと気がつきます。

物を手放すコツ

  • 今使っていないものは捨てる
  • ときめかないものは捨てる
  • 同じ用途のものは一つを残して捨てる
  • 兼用できるものを増やす

これらを意識するとどんどんと物を捨てられますよ。

スポンサーリンク

物では満たされないのだと知る。

物を購入することで、自分の欲求は満たされていると思っていました。
しかし、その欲求を満たしてくれるのは購入したほんの一瞬のみなんですね。


欲しいものを購入して満足感を得たとしても、長続きはしません。
なぜなら、物は購入した時点からどんどんと飽きが始まるから。

物を購入することは悪いことではありません。
ただ、物を買う基準は明確にしておいたほうが良いですね。

欲しい物を買う

のではなく、

必要な物を買う

シンプルですが、これが正解です。

欲しい物を購入しても飽きてしまっていつかは魅力的に感じなくなります。
対象物はこの欲しいと思って購入したものばかり。

いずれ捨ててしまうのならば、最初から購入しなければよかった。
捨てるには手間がかかりますしね。

粗大ゴミを捨てるにも時間と労力を取られました。

粗大ゴミの処分って本当に面倒でした。

粗大ゴミの回収日は、ネットで予約しなければいけません。そのまま捨てれば不法投棄になってしまいます。

そして、有料。
それぞれ項目ごとに金額が定められています。

捨てるにもお金がかかるなんて驚きですよ。

今後また面倒な思いをしないためにも、
購入する前に本当に必要かどうか考えたほうがいいなと改めて思いました。

究極はお金を使わない生活だけれど。

今回は物を買わない生活と言うことで、
意識したのは物に対してでした。

今回一ヶ月間続けられた理由は、
物以外にはあまり制限をかけなかったこと。

特に外食費に関して言うと、
カフェなどは多く利用しました。

物も買えない、カフェも行けないと
制限ばかりかけすぎるとストレスが溜まってしまいます。

物以外はお金を使えると言う緩めのルールを敷いておいた事がストレスなく楽しく取り組めた要因だったように思います。

今後の目標はお金の使い方全般をシンプルにしていきたいと思っています。

物を買わない生活に対してだいぶ慣れてきたので、
今後はプラスアルファで少しずつ制限を増やして無駄な支出を抑えていきます。

まとめ。

ストレス発散、物を購入することを楽しみにするのはやめにして、他に夢中になれることがあるとそこから意識を外すことができます。ゆったはブログを通じた自己発信を趣味として、副業として取り組んでいますよ。

物を購入するにしても、ただの浪費から、投資をするというマインドが手に入る生活になるのでブログはおすすめです。

ブログのはじめかたに関する記事もありますので、ご覧いただけると嬉しいです。

【副業】ブログのはじめかた。-準備編-

お読みいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。