【最新版】バッグの中身はこちらからチェック!

NIMASOなら安心。絶対に失敗しないスマホのガラスフィルム貼り。【新しいiPhoneを買ったら準備必須!】

ゆった

ゆった(@yutta_yukisaki)です。

新しいスマホを購入したらまずやること、スマホ画面にガラスフィルムを貼る作業です。

皆さんはこのガラスフィルム貼り得意ですか?すぐホコリが入って気泡ができてしまったり、ちょっと斜めに貼ってしまったりなかなか100点満点でつけるのって難しいですよね。

私は1箇所でも気泡ができてしまったりするとテンションが下がってしまいます。

スマホのガラスフィルムを綺麗に貼りたい!

そんな人にはNIMASOのガラスフィルムおすすめです。

ぜひこの記事で貼り方の手順をご覧ください。筆者もこのNIMASOのガラスフィルムを選ぶようになってからフィルム貼りに手間どうことがなくなりました!

Nimasoのガラスフィルムを選ぶ理由。

なぜNimasoなのか。

NIMASOのガラスフィルムを選ぶ理由は、
・2枚入りでコスパが良い
・わかりやすい装着ガイドがあり
・確かな画面保護性能

品質サービスに関して個人的に高く評価しています。

Nimasoガラスフィルム同梱物一覧。

では実際に付属している同梱物を全てご覧下さい。

付属品:取扱説明書・ガイド枠・ガラスフィルム×2・マイクロファイバークロス×2・アルコールパッド×2・ダストステッカー×2

価格1,000円ほどでありながら充実したパッケージ内容であるのがわかるかと思います。
スマホのフィルム貼りというのは埃が入らないか、真っ直ぐ貼れるかなどやたらと神経を使います。

失敗をするリスクを最小限に抑えてくれる充実のサポート内容です。

スポンサーリンク

Nimasoのガラスフィルム装着の手順。

では早速ガラスフィルムを装着していきましょう。

  • STEP.1
    アルコールパッド、マイクロファイバークロスで画面を拭く

    付属されているアルコールパッドを使用し、まずは画面全体を綺麗に拭いていきます。続いてマイクロファイバークロスを使用しアルコールの水分や付着していた汚れを拭き取ります。
  • STEP.2
    ダストステッカーで微細な埃を取り除く

    続いてダストステッカーを使い、微細なホコリをシール面でくっつけて取り除きます。目に見えるホコリはダストステッカーで掻き出すのも便利です。
  • STEP.3
    ガイド枠を本体の向きと合わせて装着します

    ガイド枠には上下の向きがあります。TOPと書かれている枠がスマホの上にくるように持っていきはめ込みます。ガイド枠をはめ込んだ際にもホコリが付着しやすいので注意が必要です。
  • STEP.4
    フィルムの接着面が下にくるように合わせます

    フィルムの接着面にはあらかじめシールが貼られています。赤いシールでBACKと書かれている面を下にしてガイド枠の上に持ってきます。
  • STEP.5
    シールを剥がしてフィルムとスマホ面を重ねていきます

    シールをすべて剥がします。ガラス面の上部からゆっくりとガイド枠に合わせてスマホの画面に重ねていきます。※このときにシール面を上に向けないように気をつけましょう空中のホコリが付着してしまいます。
  • STEP.5
    フィルムとスマホ画面を吸着させます。

    最後にフィルム面とスマホ画面を吸着させるためにマイクロファイバークロス越しに押し付けていきます。気泡が見られる場合は押し出すことで自然と空気が抜けていきます

見事!綺麗にスマートフォンにフィルムを貼ることができました。

気泡が入っていても自然と抜けていくのがNIMASOのガラスフィルムの特徴なので今、気泡ができてしまっている方も安心して時間が経つのを待っていてください。

これだけホコリを取る作業をしていますので、ホコリの混入のリスクはかなり低かったですよね。
私の場合は、家の空調のスイッチをオフにしたり、呼吸を止めたり(無理しない程度に)、とにかくホコリが舞うのを防ぐべく最新の注意を払って挑んでいます!笑

ガイドラインは優秀で、上下の印もあるので向きを間違えることもないので安心でしたね。

本当にただ、ガイドに沿ってガラスフィルムを重ねるだけで真っ直ぐに貼り付けることができました。

おめでとうございます!!!

Nimasoのガラスフィルム種類と特徴。

NIMASOのガラスフィルムには目的別にいくつか種類がありますのでご紹介します。

クリアガラスフィルムタイプ

純粋なガラスフィルムのタイプです。まずはこのガラスフィルムを選ぶのがおすすめ!

iPhone14 Pro MAX用 iPhone14 Pro用 iPhone14用 iPhone14 Plus用
iPhone13 Pro MAX用 iPhone13Pro用 iPhone13用 iPhone13 mini用

アンチグレアフィルムタイプ

アンチグレアは画面の光沢を抑えるのに役立つフィルムです。日差しの強い屋外での使用や、読書などをする際に便利。iPhone本来の色彩は損なわれる印象があるので注意です。

iPhone14 Pro MAX用 iPhone14 Pro用 iPhone14用 iPhone14 Plus用
iPhone13 Pro MAX用 iPhone13Pro用 iPhone13用 iPhone13 mini用

ブルーライトカットフィルムタイプ

ブルーライトカットフィルムはその名の通りブルーライトカットに特化するフィルムです。iPhoneにはシステム内にブルライトカットモードが組み込まれていますが、物理的なフィルムでカットしてしまう需要もあるようです。

iPhone14 Pro MAX用 iPhone14 Pro用 iPhone14用 iPhone14 Plus用
iPhone13 Pro MAX用 iPhone13Pro用 iPhone13用 iPhone13 mini用

覗き見防止フィルムタイプ

覗き見防止タイプのフィルムは、正面以外からの角度から見ると黒いフィルターがかかった状態にみえる特殊なフィルムです。周囲の視線が気になる車内などで使用すると便利です。現在iPhone14 Proシリーズの販売は見られないので発見次第追記します。

iPhone14 Pro MAX用 iPhone14 Pro用 iPhone14用 iPhone14 Plus用
iPhone13 Pro MAX用 iPhone13Pro用 iPhone13用 iPhone13 mini用

Nimasonoガラスフィルムを長年愛用している感想。

NIMASOのガラスフィルムはもう長いこと愛用しています。

iPhoneを買い換えたことによる、ガラスフィルムの交換はもちろん、
スマホを落としたり、画面をぶつけたりして、ガラスフィルムを割って張り替えたことも何度もあります。

その度に、ガラスフィルムは割れていても、iPhone本体はいつも無傷でした。

ガラスフィルムを貼っていなかったら今頃何度iPhoneを変えていなければならなかったことか。割れた画面のままスマホを使い続けるのもちょっと気分的に嫌ですからね。

私個人、NIMASOのガラスフィルムにはかなり信頼を寄せているのが長年愛用している証拠でしょう。

NIMASOなら安心。絶対に失敗しないスマホのガラスフィルム貼り。


以上、NIMASOのガラスフィルムの貼り方についてと、ガラスフィルムの種類についてお話をさせて頂きました。

ガラスフィルム無しでスマホを使うのはちょっと勇気が入ります。NIMASOのガラスフィルムならばまるで貼っていないかのように美しくスマホにフィルムを貼ることが可能です。

フィルム貼りが苦手でためらってしまう人にもぜひ一度試して欲しいですね。

最後までお読みいただきありがとうございました。

この記事がフィルム装着の参考になりましたら幸いです。

「NIMASOのクリアケース」に関する記事も合わせてご覧ください。
新しいiPhoneを購入したら揃えたい!Nimasoのケースとガラスフィルムレビュー。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。