楽天ROOM開設!アイテム随時更新中!

おすすめのマイボトルはMiiR(ミアー)!お洒落で洗いやすいので日常使いに最適です!

スポンサーリンク



ミニマリストゆった

ゆったです。

普段の持ち物の中に、マイボトルがあります。

少ない持ち物のなかで暮らしていますが、マイボトルを持つのには理由があります。一つは節約のため。そしてもう一つは環境への配慮です。どのようなマイボトルを選ぶのが最適なのかゆったなりに辿り着きました。

それがMiiR(ミアー)というブランド。

今日では様々なデザインや機能に特化したマイボトルが売られていますが、環境に対する意識をより持つのならばMiiR(ミアー)を選ぶ価値があります。

MiiR(ミアー)の特徴は、ブランド価値、製品価値共に優れていること。

MiiR(ミアー)の特徴

  • 売り上げの一部がプロジェクト基金となる。追跡可能なビジネスモデルへ貢献できる。
  • ハードシェルパウダーコート塗装による上品な仕上がり
  • 18/8メディカルグレードのステンレススチール素材で金属臭がしない
  • Temp Deflector™テクノロジーによる温度管理
  • 環境意識の高い企業とのコラボが多い。自分の好きな企業ブランドものを選べる楽しみがある。

おすすめのマイボトルはMiiR(ミアー)!お洒落で洗いやすいので日常使いに最適です!


マイボトルを持つからには毎日使いたい。
そうなるとやはりシンプルであればあるほど使いやすい。

MiiR(ミアー)のボトルデザインはとてもシンプル。ゆったの使用している「WIDE MOUTH 20oz」は直線的なフォルムでシンプルな構造です。

蓋についている取手が気軽に持ち運ぶのにとても便利。スリムなデザインなのでボトルホルダーなどどこにでも収まるような設計です。

Thermo 3D™ダブルウォール真空断熱材を使用して作られており、長時間飲み物を暖かく、冷たく保持することができるので、一年を通して使えます。18/8メディカルグレードのステンレススチールはボトル特有の金属臭のしない素材です。

表面はハードシェル™パウダーコート塗装というものがされており、少しざらつきのある手触り、マットなデザインが上質な印象を与えてくれますね。


蓋とボトルのみの作りで、蓋には細かな溝もなく、パッキンなども使用していないのでお手入れが楽な上に清潔に保つことができます。

スポンサーリンク

購入したMiiR(ミアー)の資金はプロジェクト基金として世界の環境保全へ活用される。


数あるマイボトルのなかでMiiR(ミアー)を選んだ理由は、環境への貢献がブランドの軸となっているからですね。
MiiR(ミアー)の製品を購入すると、その購入資金の一部が世界中の水、自転車(移動手段)、教育の行き届かない不自由な地域に寄付のための基金として使用されます。自分の力で環境へ貢献できる身近に体験することができます。


ゆったの購入した「WIDE MOUTH 20oz」にはボトル底面にgive codeというナンバーが記載されています。このナンバーを辿ることで自分の購入した製品がどんな使い方をされたのかを知ることができます。WIDE MOUTHボトルの売り上げは主にクリーンウォーター&ヘルスプロジェクトというものに割り当てられるようです。

微力ながら、環境を変える手助けが身近なアイテムを購入することで実現できる素晴らしい取り組みですね。こういう製品がもっと世の中に溢れればいいのにと思います。

環境意識の高い企業とのコラボが多い。自分の好きな企業ブランドのマイボトルを持つ楽しみ。


MiiR(ミアー)は他社の環境意識の高い企業とのコラボレーションした製品も販売しています。
代表的なものでいえば、アウトドアブランドである「パタゴニア」があげられます。

ゆったはパタゴニアの実店舗でこのMiiR(ミアー)のボトルに出会いました。


マットブラックのハードシェル™パウダーコート塗装にバイソンのイラストをあしらったシンプルで可愛いデザインのものです。パタゴニアの扱う食品プロヴィジョンズの取り組みの一環としてこのMiiR(ミアー)のボトルも販売されています。

他のコラボ企業の中には、アークテリクス、ノースフェイス、ブルーボトルコーヒーなどがありますね。

サスティナブル、エシカルを考えていくことはこれからの時代のトレンドです。

製品を購入する際の一つの決め手となりますし、
こういった取り組みをしているブランドを好きになる傾向が自分の中にはあるようです。
▷環境問題という支店からパタゴニアのウェアもよく愛用しています。
冬はパタゴニアを着て過ごす。街で着られるおすすめのウェアを紹介します。

まとめ

そういえば、もうペットボトルってしばらく購入していません。自然と購入を控えていたらいつの間にか買う習慣がなくなりました。

自分の暮らしのすべてを、環境を考慮したものに変えるのはまだ難しいと思います。

今は少しずつ、自分が無理なく取り組めることをやっていけばいいと思ってます。簡単にできることを始めました。

マイボトルを持つこと。自分にとって無駄な物ではなく、自分の暮らし、自分の考えに最適化された必要なものであるという結論付けられました。

ミニマリストが愛用しているコーヒー道具たちもご紹介しています。
↓合わせてお読み下さい。

【シンプルな暮らし】おすすめのコーヒー道具を紹介します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。