ミニマリストが愛用している珈琲道具たちをご紹介します。

スポンサーリンク



ミニマリストゆった

ゆったです。

先日インスタに投稿した写真。

それぞれのアイテムの詳細を知りたいというお声をたくさん頂いたので記事にまとめてみたいと思います。

ミニマリストが愛用している珈琲道具たち

基本的にはシンプルな物、無機質な物が好きですね。
珈琲を淹れるためのアイテムは毎日使うものなので、デザインや使い勝手の良い物を基準に選んでいますね。

ミニマリストのコーヒー道具

  • ポーレックス コーヒーミル セラミック ミニ
  • KINTO キントー:ケトル 900ml
  • cores ゴールドフィルター C245
  • SEKIYA ビーカー 500ML
  • ゴトク バーナー用 組立式 120φ×H200mm GOTOKU120GK 三脚台
スポンサーリンク

ポーレックス コーヒーミル セラミック ミニ


まずはコーヒー豆を挽くためのミルです。これは手動で豆を挽くタイプの物ですね。

一番の特徴はデザインがミニマルなところ。

購入したきっかけは登山をする際に山頂で挽きたての珈琲を飲みたいから。これは持ち運びも苦にならないほどコンパクトで、ハンドルを固定するためのバンドも付いているので無くす心配もありません。これがポーレックスのコーヒーミルクを購入したきっかけですね。

今では日々の暮らしでも愛用しています。

朝、時間に余裕があるときは挽きたての豆から淹れるコーヒーを飲むのが至福の時間です。

このポーレックス コーヒーミル セラミック ミニは2人分のコーヒー豆を一度に挽くことができます。夫婦二人暮らしなので我々にはちょうど良いサイズ。
ただ豆の挽きやすさでいえば挽きやすいとは言い難いかもしれません。もっと大きい作りのコーヒーミルの方が豆を挽くという点で言えば特化しているものはあると思います。

コンパクトな作りかつシンプルなデザインが好みならばポーレックス コーヒーミルという選択肢はあると思います。

KINTO ケトル 900ml


こちらは細口のケトルです。これまたデザインがシンプルで良き。

本体の直線のデザイン、注ぎ口とハンドル部分の曲線のバランスが美しいケトルです。
ハンドドリップで珈琲を淹れる時に大事なのはお湯の量をコントロールできることですよね。

自己流ですが、お湯を注ぐ時のさじ加減を調節にはこだわりがあります。

ハンドルは厚みがあるのでとても持ちやすいこと、蓋は本体に接着されているのでお湯を注いでいる時に外れてしまう心配がいらないのも評価ポイント。

水を温める際はガスコンロで直下で温めることができます。
IHや電子レンジには対応していないのでご注意くださいませ。

900mlという容量も十分なサイズ感で使い勝手が良いですね。

cores ゴールドフィルター C245


コーヒーフィルターはこのゴールドフィルターを愛用しています。

純金素材のフィルターは、紙のフィルター位に比べ高温かつ短時間でコーヒーを抽出することができます。かつコーヒー豆のオイル部分までも遮断することなく抽出できるので、コーヒー豆本来の味をよりストレートに感じることができるという特徴があります。

ゴールドフィルターは豆の魅力をストレートに伝える反面、ちょっとまろやかさに欠けるような印象も受けます。
そんな時はこのゴールドフィルターに、紙のフィルターを重ねて使用したりもします。

正規の使い方ではないかと思いますが、コーヒーを優しく味わいたい場合はこんな使い方でも使えますね。

SEKIYA ビーカー 500ML


コーヒーを入れるポットにはSEKIYAというメーカーを使っています。実はこれ理科の実験用の器具なんです。
製品名もビーカーですしね。

このビーカー、出会いは東京の蔵前を散歩していた時に見つけました。
特になんの変哲もない、普通のビーカーなんですがこのデザインされていないデザイン感が好みで購入しました。

価格も数百円とお安いもの。メモリが付いているので普段の自炊の際の計量にも使うことができるので便利だったりします。

ゴトク バーナー用 組立式 120φ×H200mm GOTOKU120GK 三脚台

こちらはドリッパーをセットするための台。
実はこれも蔵前で購入したものです。バーナー用の五徳を珈琲道具として使うなんて面白いじゃないですか。もしかしたら学生の頃の理科室で使ったことがあるかもしれません。アルコールランプが懐かしい。

この三脚台の脚はネジ式になっており分解することもできます。使わない時やスペースに限りがある場合は分解して収納することもできます。

↓蔵前で購入したお店のリンクはこちら。
オンラインでも購入できるようなので興味のある方はご覧ください。
参考 蔵前にある理系雑貨のお店リカシツ

シンプルなんだけど、ちょっと癖がある。魅力的な暮らしの道具。

以上が愛用している珈琲道具たちです。

余計な装飾のないシンプルなデザインの物たちが自然と集まったなーというのが今思うこと。

全て愛着のある我が家の必需品でございます。
お読みいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。