楽天ROOM開設!アイテム随時更新中!

3300mAhの超小型モバイルバッテリー「iWALK」がおすすめ。

スポンサーリンク



ゆった

ゆったです。

いつも持ち歩いているものの一つに、
モバイルバッテリーがあります。

決済もスマホを使うことがほとんどなので、
電池が切れたら困ってしまいますね。

モバイルバッテリーは生活必需品です。

今回ご紹介するモバイルバッテリーは「iWALK」とうメーカーのモバイルバッテリーです。特徴はなんといっても超小型モバイルバッテリー!!ポケットに入れて気軽に持ち運べるモバイルバッテリーです。

ご紹介していきます。

スポンサーリンク


3300mAhの超小型モバイルバッテリー「iWALK」がおすすめ。

口紅サイズのモバイルバッテリーです。
今人気商品のようでAmazonでは頻繁に売り切れになっている模様。

特徴を言うと、

  • ポケットに入るサイズ
  • ケーブル不要
  • iPhoneと同時充電が可能

それぞれ詳しく書いていきたいと思います。

スポンサーリンク

iWALKは口紅サイズ、ポケットに入るサイズ感。

Anker PowerCore Fusion 5000
こちらも人気のモバイルバッテリーです。
自分も1年ほど使いましたが、買って満足でしたし何より2in1で使い勝手が抜群でした。

関連記事:【Anker】急速充電器兼モバイルバッテリーの役割を果たす!おすすめpowercorefusion5000

そんなAnkerのモバイルバッテリーですが、
一つ不満点をあげると、

少々大きい

です。

比較するとわかりますが、
厚みがあるのでポケットに入れるにはちょっと違和感があります。

iWALKのモバイルバッテリーは、
口紅サイズと言うのが売りポイントの一つ。

要はポケットに入るようなサイズなんです。
重さも80gととても軽くてコンパクト。

携帯性が抜群に良いです。

スポンサーリンク


lighteningコネクター内臓でケーブルの持ち運びが不要に。

写真のように、このモバイルバッテリーにはライトニングコネクターがくっついています。iPhoneに直接接続するので、ケーブルが不要。

軽いので、充電しながらでも使えます。

モバイルバッテリーとコード、2つの持ち物を1つにできると言う点でも持ち物を減らせるので嬉しいポイントです。

iPhoneと同時充電が可能

iPhoneに接続するlighteningコネクターとは別にもう1つ接続口があります

こちらもlighteningコネクターの端子で、
モバイルバッテリーを充電するための端子です。

iWAIKの特徴は、
iPhoneを充電するために使用中であっても、モバイルバッテリーも同時に充電が可能という点。

つまり、
寝るときに挿しっぱなしにしておけばiPhoneとモバイルバッテリーの両方の充電が満タンというわけです。

これなら充電のし忘れはなくなりますし、充電口も1つで済みます。

モバイルバッテリーの容量は3300mAとiPhoneを1回フル充電できる程度などで容量があるほうではありません。

iPhoneXSに替えてからバッテリーの減りに緊急性は無いので、予備として常にコンパクトに携帯できるこちらの方がいまは便利に感じます。

常に持ち歩く持ち物をコンパクト化できて、
満足度の高い製品でした。

お読みいただきありがとうございます。

↓4500mAhの容量のモバイルバッテリーも発売されました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。