ミニマルデザインの『ハンガーラック』購入しました。

スポンサーリンク



ミニマリストゆった

ゆったです。

先日インスタでご紹介したコレ。

「山崎実業 スリムコートハンガータワー」という製品です!

みて分かる通り非常にミニマルなルックスですよね。反響が大きかったのでどういった製品か使い勝手のレビューをしていこうと思います。

ミニマルデザインの『ハンガーラック』購入レビュー。

こちら、アマゾンで購入できるものなんですが、ハンガーラックなどの類いのものってデザイン性がないというか、ダサいものが多い。
そんな中この「山崎実業 スリムコートハンガータワー」はミニマルかつお洒落なデザインでおすすめ!

スポンサーリンク

どこに置いても様になるシンプルデザイン。

まずはなんと言っても佇まいが美しい。ちょっと独特なデザインがみて分かると思います。

脚の部分はT字になっているんですがラックと言いつつも片側にしか脚がないんです。
もう片方はどうなっているかというと、壁により寄りかからせるイメージ。

壁さえあればどこにでも設置できます。

マットな白と黒の2色のカラー展開。無駄な装飾が一切ないのが良いですね。ハンガーを引っ掛ける部分のみ白黒共通で木目調のデザインになっています。無機質なアイテムの中でちょっと温かみのある工夫がされているもの。ゆったの好みですね。

ハンガーラックの使い方。


「山崎実業 スリムコートハンガータワー」は非常にスリムなデザイン。

洋服をたくさん掛けたい!といった人には向きません。服の数が洗練されていて数が少ない人の方がうまく使えると思います。

ゆった家では、現在玄関先に設置して使っています。
使用用途は、主にコート類を掛けるために使用しています。

この時期は特にそうですが、外で付着した花粉やウイルスをリビングまで持ち込みたくないですよね。
そういう理由もあって、コート類を玄関で脱ぐ習慣に変えました。

他に、マスクや折り畳み傘など外で使うためのちょっとした小物も掛ける事ができそうですね。

現在4本のハンガーが掛かっていますが、ゆとりを持って掛けるとしたら6本ぐらいがせいぜいでしょうか。

春物、夏のちょっとした羽織りなんかを掛けるくらいであれば問題ないサイズ感です。

実は種類が豊富。用途に合わせて選んでみては?


家は迷わずに「山崎実業 スリムコートハンガータワー」を選びましたが、実は色々と種類があるのでご紹介しますね。

シェルフ付きハンガーラック

こちらは上に棚がついているタイプ。高さはスリムシェルフと同じです。
幅が60cmあるのでスリムシャルフよりは洋服を掛けられそう。

上の棚にはあまり重たいものは載せられないと思いますが、靴や鞄などを少し置く使い方ができそうですね。

据え置き型ハンガーラック

同じデザインでよくある据え置き型のものもあります。
場所に余裕がある家、洋服と小物を同時に管理したい人はこちらが無難なのかもしれません。

立て掛け収納ラック ラダーハンガー

もう一つほど紹介しておきます。
こちらは洋服を掛けるというよりは、小物を掛けるためのハンガーですね。

バッグやストールなどお洒落アイテムをたくさん持っている人は便利なアイテムでしょうか。
使い方によってはリビングなどでも取り入れられそうですね。

ミニマルデザインのハンガーラック、ミニマリストゆったが選ぶのはコレ一択。

他にも実は種類があるようです。自分の目的に見合った製品を選べば良いかと思いますが、ゆったの選ぶコートハンガーは「山崎実業 スリムコートハンガータワー」一択ですね。

必要なものだけ掛けておけるコンパクトかつミニマルなデザインはこの製品しか見当たりません。
ほかにも色々と掛けたいならば他の製品を探してしまいます。

以上、簡単ではありましたが最近購入した「ハンガーラック」のご紹介でした。
気になる方はチェックしてみてくださいませー。

お読みいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。