楽天ROOM開設!アイテム随時更新中!

Spigenが作るモバイルバッテリーブランド「PowerArc」。ArcPackモバイルバッテリーレビュー。

スポンサーリンク



ミニマリストゆった

モバイルバッテリーの最適化に終わりがみえない、ゆったです。

PowerArcというブランドをご存知でしょうか。

スマホケースなどを販売している有名なブランド「Spigen」から派生したブランド、それが「PowerArc」です。モバイルバッテリーなどのガジェットを取り扱うブランドです。今回初めてPowerArcのモバイルバッテリーを使用する機会を頂きましたのでご紹介をしていきたいと思います。

今回ご提供頂いたものモバイルバッテリーは「ArcPack モバイルバッテリー」という製品になります。

さっそくこちらのモバイルバッテリーの特徴を見ていきましょう。

SpigenがつくるArcPackモバイルバッテリーの特徴とは。

ArcPackモバイルバッテリーの特徴

  • 15,000mAhの大容量バッテリー
  • 30WのPD出力充電が可能。
  • USB-Cポートが2つ、USB-Aポートが1つの3ポート
  • 重さは350g
  • 四角く重厚感のあるデザイン
  • Apple社MFi認定の強度あるケーブルが付属
スポンサーリンク

ArcPackモバイルバッテリーのプロダクトデザイン

同梱物は、
・ArcPortable Charger
・USB-Cケーブル
・モバイルバッテリーケース


まずデザインですが、ずっしりとした重厚感のあるデザインというのが第一印象です。
表面はマットな仕上がりでチープな作りではありません。


バッテリーランプは4つ正面から見て右下にさりげなく燈ります。

充電口は、左からUSB-C PDポート、バッテリー残量確認ボタン、USB-C PDポート、USB-A急速充電ポートが並んでいます。
PD充電が2つ付いているのは、USB-Cケーブルに統一している身としては非常に有難いです。

15,000mAhは大容量で外出時のバッテリー心配は無用に。


15000mAhの容量のモバイルバッテリーを所有するのは今回が初めてです。
これだけ大容量ならばスマホやタブレット、PCの充電に関して1日外で過ごしても心配することは無くなります。

ブランド独自の説明によると、バッテリー満タン時、
iPhone 11/11 Pro→3回
iPad Pro→1回
MacBook Air13インチ→0.8回

の充電が可能とのこと。ゆったの所有しているiPhoneXSも3回充電することができ、他のほとんどのスマートフォンで複数回充電をすることができます。一日中外で動画でも見ていない限り、3回もスマホを充電することなんてないので、15,000mAhは必要十分な容量だと言えます。

よくカフェを利用する際は、電源のある席を探すことが大きいのですが、このモバイルバッテリーを持っていれば電源を気にする必要が無くなりますね。

充電ポートは3つあるので同時充電も当然可能です。

Apple社MFi認証済みのタイプC充電ケーブル付属。Lightningケーブルは別途購入が必要。


こちらのモバイルバッテリーにはタイプCの充電ケーブルが付属しています。Apple社MFi認証を取得しているので安心して使用できます。

PowerArcのケーブルの特徴はなんと言ってもその頑丈さです。PVC +ナイロン+ PETという3種類の素材を使用した「DuraBend™」という構造で非常に強度のあるケーブルです。

ArcPackモバイルバッテリーに付属されているケーブルはUSB-Cケーブル。ケーブル付属という点は非常に有り難いですが、Apple製品を持つユーザーはやはりLightningケーブルがまだまだ必要不可欠です。iPhoneユーザーにとっては、是非ともLightningケーブルが付属したパックが発売されてくれることを願いたいですね。

今回は、無理を言って別で販売されているLightningケーブルもご提供頂くことができました。


こちらがLightningケーブルです。

タフなケーブルを求めると、PowerArcは一つの選択肢になり得ます。

普段使いに最適か?愛用のポーチへの収納すんなり適応。

さて15,000mAhともなるとどうしてもサイズ感というのは大きくなる傾向にありますね。


普段愛用していガジェットポーチには丁度よく納まりました。

ちょっとしたガジェットを持ち出すのに使用しているこちらの小さなポーチにも意外とすんなり収納することができました。

15,000mAhのモバイルバッテリーを考えると、この長すぎず、厚すぎずというのは絶妙なサイズ感です。
持ち歩くことを考えると納まりの良いサイズであるのは確かです。

ただ、やはりネックなのは重さですね。350gの重さはお世辞でも軽いとは言えません。15,000mAhを持ち歩けば充電切れというリスクが無くなる安心感が得られますが、その代償としての重さは少し気になってしまうのが正直な感想です。

PowerArcモバイルバッテリー 総評

以上、ご提供頂いた製品ですが正直な感想を述べさせて頂きました。

ゆったはこれを使いこなせるのか。これは用途を選びますね。

普段の暮らしはいたるところで電源が確保できる暮らしをしていますので、15,000mAhが必要になることは稀です。

ゆったが想定する使用用途は、アウトドアシーンや、旅行時など、電源の確保が難しい状況下でぜひ使っていきたいモバイルバッテリーであると感じました。というのも、やはりこの重厚感のある作りがタフな印象を受けますので、登山の際や、移動の多い旅の時間にガツガツ使用できる製品であると思いました。

モバイルバッテリーは、今や必需品と言えるガジェット。

一人一つ持っていれば良いという時代よりも、用途に合わせて最適な物をいくつか所持しておくというのが今は当たり前のように思います。15,000mAhのモバイルバッテリーを持っていると、災害時などに非常に頼もしく感じるのではないでしょうか。そういう意味では緊急時用としても、このPOWERARCのモバイルバッテリーは最適と言えるかも知れません。

この記事がモバイルバッテリー探しの参考になりましたら幸いです。
お読み頂きありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。