2020年 BESTBUYはこちらから

出先でも快適な作業を。ミニマルにまとめたiPadおすすめ周辺機器。

スポンサーリンク



ゆった

ゆった(@yutta_yukisaki)です。

どんな場所でも身軽に使えるiPad。今では必ず持ち歩いている必需品です。

出先で使用することをメインとしているiPadですが、あると便利なのが周辺機器たちです。充電器をはじめとしたアクセサリー類も厳選していくと、iPadの身軽さを損なうことなく持ち運びという面でも便利になります。

今回はノマドワークに活躍する「ミニマルにまとめたiPad周辺機器」をご紹介していきます。最近のゆったはこのスタイルで落ち着いています。必要なものを一つの場所にミニマルに収めてゆきますよ。

MOFT PCキャリーケース


iPadのケースにはMOFT「 PCキャリーケース」を使用。13インチまでのノートPCまで対応で、iPad Pro11インチであればMagic KeyboardとApple Pencilを装着したまま収納ができる。

特徴の一つに、伸縮性のあるメッシュポケットが備わっている。ここに一緒に持ち歩くガジェット類をまとめて収納できるのが便利。

PCスタンドへの変形も可能。
詳細は記事にしているのでご覧下さい。
MOFTのPCキャリーケースでスマートにガジェットを持ち運ぼう。 スポンサーリンク

Apple Pencilとペーパーライクフィルム


iPadは「Apple Pencil」があるのとないのとでは快適性が違います。ノートやメモ、写真編集時にも使っているApple Pencilですが、大事なのは書き心地。

エレコム ペーパーライク保護フィルム」をiPadの画面に貼ることで、保護機能と共に、書き心地の向上にも繋がります。

まるで、紙に書いているような書き心地が得られるので非常に書きやすい。Apple Pencilを多用する使い方をする方はぜひ試してみて下さい。

「iPadをノートとして使えるのか」について書いた記事もあるのでご覧くださいませ。

Magic Keyboard


iPad本体、Apple Pencilに続く三種の神器として「Magic Keyboard」もぜひ揃えて下さい。トラックパット付きでiPadをPCのように使うには必須アイテム。
便利な点は、Magic KeyboardにもUSB-Cの充電口がある点ですね。iPad本体の充電口に外部機器を接続しながらでも充電ができたりと使う場面が多々あります。

Magic KeyboardにiPadを装着した際にiPadの充電口とは逆サイドにMagic Keyboardの充電口があるのも優秀で、コンセントの位置に左右されず、スムーズな取り回しが可能。

Anker Nano II 45W

充電は短時間でサッと済ませるのが今風。急速充電器は必須アイテムです。
Anker「Nano II 45W」は45Wもの高出力で充電が可能です。

iPad Proは最大30Wでの充電ですが45Wの急速充電器を持ち歩いています。このNanoシリーズの急速充電器には30Wのものもあるのですが、プラグの収納ができず、他のアイテムを傷つけてしまう恐れがあるので、このプラグが収納可能な45Wを購入しました。

Anker PowerCore 10000 PD Redux 25W


外で電源が確保できない時はモバイルバッテリーの出番です。
Anker「PowerCore 10000 PD Redux 25W」を常日頃から持ち歩いています。

さまざまな容量のモバイルバッテリーを持ち歩いてきましたが、10,000mAhは外でブログなどの作業を多くする自分にとって最適な容量でした。

モバイルバッテリーは自分の用途に合わせてちょうど良いサイズのものを持ち歩くのがベスト。容量別に比較した記事もぜひご覧下さい。

【容量別】モバイルバッテリーの使い方とおすすめ製品一覧。

Anker USB-C PowerExpand 2-in-1 SD 4.0 カードリーダー


iPadでは一眼レフカメラで撮影したデータを写真現像アプリや編集アプリを用いて編集を行います。
その際にSDカードにある写真データをiPadに取り込む必要があるのですがその際に使うのがこのAnker「USB-C PowerExpand 2-in-1 SD 4.0 カードリーダー」。

転送速度の速いUHS-II対応のものに切り替えたらちょっとした時間ですが、効率アップで助かっています。動画を撮ることも増えているのでますます活躍してくれそうです。

Anker PowerLine III Flow USB-C & USB-C ケーブル


たかがケーブル、されどケーブル。充電するためのケーブルというものは無くなりそうで無くならないものですね。

ケーブルもこだわりがいのあるアイテムの一つ。ケーブル類をポーチなどに収納していると何故なのかいつの間にか絡まっている。使うたびに絡まったケーブルをほどいて使うなんて時間の無駄だぞ!

Anker PowerLine III Flow」はシリコン製のケーブルで弾力がありしなやか。束ねておいてもそのしなやかさのおかげで自然とほどけてゆく。もうケーブルが絡むイライラからさよならできます。Flowシリーズはカラーリングも綺麗です。ゆったは美しいパープルを選びました。iPadにはUSB-Cのものを、iPhoneならlightening端子のものを選ぶことができますよ。

【まとめ】出先でも快適な作業を。ミニマルにまとめたiPadおすすめ周辺機器。

ご紹介してきたアイテム以外にもiPadを日常で快適に使うために色々と試しているのでiPadに関する他の記事もぜひご覧下さいませ。

あると便利なiPadの周辺機器のご紹介でした。参考になりましたら幸いです。

iPadを持ち運ぶのに最適!モンベル「タフ ランバーバック M」購入レビュー。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。