【最新版】バッグの中身はこちらからチェック!

【2021年】買ってよかったもの

スポンサーリンク


ゆった

ゆった(@yutta_yukisaki)です。

今年も記事の締めくくりとして買ってよかったものをまとめていきたいと思います。

頂いたものも含めて、おすすめできるものに厳選しました。

それではご覧ください。

【2021年】買ってよかったもの

スポンサーリンク

iPhone12 mini

iPhone12 mini

2021年の年始に購入したのが「iPhone12 mini」になります。

1年使用してきた結論として、これが本当によかった。手に馴染むサイズ感、個人的にスマホのサイズはこれがベストです。

発売当初は、予想に反して売れていないようで次回のシリーズでは廃盤になってしまうのでは?と噂がありましたが蓋を開けてみれば現在の最新モデルでも「iPhone13 mini」がしっかりと発売されましたね。

miniシリーズのメリットは、コンパクトなサイズこの一点に限ります。
レンズはProシリーズにはかなわず、バッテリーも大きいiPhoneと比べると少ないかもしれません。

しかし、1年間使い続けて思うのは、カメラ性能は十分だし、バッテリーも余裕で一日持ちます。

性能面で見劣りする場面が、この一年で感じられませんでした。

もちろん、iPhoneの最新鋭のカメラが必要、iPhoneの大きな画面で動画がみたいなどの用途があるのであればminiは選択肢から外れるかもしれません。

個人的な使い方として、iPhoneで本格的な撮影はしない上、動画は視聴はしますがしっかり視聴する際はiPadでと割り切った使い方をすると決めていたので全く不便はありませんでした。

まず一つ目の買ってよかった「iPhone12 mini」は自信を持っておすすめできるプロダクトとなりました。
【レビュー】iPhone 12 mini を選んだ2つの理由。

MOFT MagSafe

iPhone12 miniから新しい機能として「MagSafe」が加わりましたね。
もちろんiPhone13にも搭載されているMagSafeですが、さまざまなアクセサリも登場しています。

その中でこのMagSafeを一番活用できたアイテムはなんだったかと思い返してみると、この「MagSafe MOFT」でした。

「MagSafe MOFT」を簡単に言ってしまえば、MagSafeでiPhoneにくっつくカードホルダーということになるでしょう。

iPhone12シリーズ以前からMOFTのカードケースは販売されていたのですが、この取り外しが容易なMagSafeとMOFTの相性が抜群で、多用していました。カードはプラスチックカードが最大4枚ほど入るので、財布を持たずにMOFTだけあればOKという日もありましたね。
【iPhone12シリーズ以降】MagSafe対応の多機能カードケースがおすすめ!MOFTでお財布が不要に。

iPad Pro

iPad Pro

続いて3つ目は、「iPad Pro」です。
実際に購入したので2020年の秋になりますが、2021年これを語らずにはいられないので選ばせて頂きました。

iPad Proの良い点を3つ選びます。

・セルラーモデルを選んだことによる機動性
・120Hzのリフレッシュレートで操作が滑らか
・4基搭載スピーカーで迫力のあるサウンド

もっともっとたくさんの良いところはありますが3つ選ぶとiPad Proの良い点はこちらでしょう。

契約時にWi-Fiモデルではなくセルラーモデルを初めて契約しましたが大正解。あらゆる場所でiPadを開いた瞬間に作業ができるその快適性のおかげでこの1年間どれだけの隙間時間を活かしてこれたことでしょう。月々の支払いは1,000円ほどなのでお財布にも負担なくずっと使うことができています。

iPadのProシリーズは画面のリフレッシュレートが120Hzと高く、滑らかな描写が可能。その恩恵は文字を書く際に顕著に現れます。まるで本当に紙に書いているような書き心地を得られるのは大きなProモデルのメリットだと思います。

大画面のiPad Proは家で動画を視聴したり、音楽をBGMとしてかけておく時間が多くありました。
下手にスピーカーを買わずとも満足感のあるサウンドが体感できるのが使っていて嬉しいポイントでした。
iPad記事まとめ

Anker PowerLine III Flow USB-C & USB-C ケーブル

今年のガジェットもどんどんと技術が新しくなって、新製品がたくさん発売されてきましたが地味だけどかなり快適だったこのアイテムを選びました。Ankerの充電ケーブル「PowerLine III Flow」です。

その特徴は、絡まない、これが全てです。

特殊なシリコン性のケーブルはしなやかで、結んでも絡んだりせずに自然とほどけるそんな素材のケーブルです。

ケーブルが絡まるストレスから無縁で、購入してから常に持ち歩いているお気に入りのアイテムです。
基本的にブラックにまとめている愛用品なのですが、このパープル色が好みで自分の持ち歩くガジェットの中でアクセントになっています。

USB-C、Lightning端子と種類があるのでご使用のガジェットに合わせて選んでみてください!

AirTag

AirTag

購入して半年経ちますが、一度も活躍してないいのに選抜されました「AirTag」。

常に、バッグに、鍵につけていました。

一度も活躍の機会はありませんでした、しかしそれが最高の結果です。

AirTagはそれぞれに対して名前をつけることができ、それぞれの持ち物の名をつけると管理がしやすくなります。基本的にはiPhoneを探す機能で、その存在場所を把握し、必要であればAirTagを鳴らすことができ、その場所を特定できます。

他社製の忘れ物防止グッズを使用したこともありますがやはりAirTagはApple製品ということでiPhoneなどとの連携が容易。いざという時にスムーズな連携で役立ってくれるのではと期待が持てます。

使う機会は来てほしくないけれど、そのときのためにお守りとして身につけて持ち歩きます。

ゼンハイザー MKE 200

ゼンハイザー「MKE 200」はミラーレス一眼レフのホットシューに取り付けて使うコンパクトな外付けのマイクです。外部マイクを初めて購入しました。

今年の夏から趣味の登山に本腰を入れて取り組んでおり、登山VLOGを精力的に撮影してきました。

動画撮影において、解像度が高ければ美しい映像が撮れるのはもちろんですが、質の高い動画のもう一つの要素は「音」であると実感しました。

「MKE 200」はカメラのマイク端子と接続するだけでマイク自身のバッテリーを必要がないのがとても便利でした。サイズもコンパクトなので、登山などの過酷な環境でも、持ち物の負担を最小限に抑えることができました。

マイクも奥が深い製品ですので、選択するのが難しい分野ですが、初めて購入するマイクとして価格込みでおすすめできるプロダクトだと思います。

Peak Design Travel Tripod カーボン

こちらも登山VLOGのために購入しました。

Peak Design「Travel Tripod」は旅などでもコンパクトに持ち運べる三脚をコンセプトに作られた三脚です。もちろん、荷物の軽量化が重要となる登山においても大活躍でした。

従来の三脚にはなかった斬新な形状のデザインにより、ペットボトルほどの太さの三脚を実現。パーツそれぞれがシームレスにつながる姿が美しく、デザインも楽しめる美しいプロダクトです。

三脚の伸縮はレバーを引くだけと簡単、スマホの固定も可能、カメラを逆さに吊るして設置もできるので家で物撮りするのにも使っています。

カーボン素材は高価ですが、支払っただけの価値を感じることができる素晴らしい製品です。

来年も、たくさん持ち出してあげたいです。

Hydrapak(ハイドラパック) スカイフラスク

2021年後半の自分頭の中は登山のことしか考えていなかったので、また登山用品からのピックアップです。
登山時の必須アイテムとえば飲料を持ち運ぶためのボトルです。

行動用と、テント場などで使うものと2つに分けて持ちますが、こちらの「スカイフラスク」は行動用の飲料ボトルです。

特徴は、

柔らかくもちょっと硬めのソフト素材
コンパクトに畳める
保冷機能付き
持ち手付き(カラビナが通せる)
広口で洗いやすい

登山時におけるボトルの希望を余すことなく兼ね備えている自分の理想通りのボトルです。

また来年の夏山での活躍が楽しみです。

Patagonia R1 エア

Patagonia R1エア

Patagoniaのフリース「R1エア」を登山、街着の兼用したいと思い秋口に購入しました。

着心地よ、す、ぎ!!!

機能的な服とはこの服のためにある言葉だと言いたい。

特殊な生地縫製により暖かさを保つための起毛と、空気の流れを作るパターン仕上げが特徴のデザインをしています。

暖かいけれど、空気を通すので体温調節に長けているウェアです。行動時のためのウェアだと謳っているのがよくわかります。登山の移動時にも快適に着用できましたし、パターン仕上げが可愛く街着としても愛用したお気にりのウェアです。
パタゴニアの「R1エア・フルジップ・フーディ」レビュー。暖かいのに風が抜ける心地よさ。

Bose QuietComfort 45 headphones

待ち侘びていたプロダクトが2021年11月に発売されました。
BOSEのノイズキャンセリングワイヤレスヘッドホンの最新作BOSE「QuietComfort 45 headphones」です。

レビュー記事も書いておりますが、

自分だけの静寂の空間は持っていた方が良いです!

集中したいときにも、リラックスしたいときにも重宝します。

音質は人それぞれ好みがあるかと思いますが、個人的にBOSEの音質は好み。
ヘッドホンならではの深みのある音って、イヤホンではなかなか味わえないんですよね。

イヤーパッドや、アームに柔らかい素材が使われていて、つけていて疲れない、かけ心地も上質。
【レビュー】Bose QuietComfort 45(QC45)の魅力。ノイキャン、外音取り込み、付け心地と全てが上質。

Nothing ear(1)

最後にご紹介するのはノイズキャンセリングイヤホンの新星Nothing社の「ear(1)」というプロダクトです。こちらはレビュー用にご提供いただいて使用することになったのですが、今ではすっかり愛用者。

「ear(1)」はまずそのデザインが斬新。スケルトンのケース、イヤホンの本体まで類を見ないデザインをしています。

美しいそのデザインも好みのポイントですが、何よりもノイズキャンセリングのバランスがかなりいい!強すぎず、物足りないこともなくナチュラルにノイズがキャンセリングされるそのバランスが、つけていて心地よいのです。

価格は12,000台ですが、3万円以上するAirPods Proと遜色ない仕上がりですよ。

もちろん、ノイズキャンセリングオフ、外音取り込みモードもまで搭載していて言うことなし。

無色透明とブラックの2色展開。正直どちらも好き。

【2021年】買ってよかったもの振り返り。

以上、今年一年で印象的だった買って良かったものをご紹介して参りました。

今年も数々のプロダクトに触れてきましたが、今回紹介した品々はどれも高品質、機能的、デザイン性もあってお気に入りです。

一年間ゆったのブログやInstagramをご覧いただいていた方にはいつも紹介していたアイテムばかりで目新しいものはなかったと思いますが、いつも愛用しているお気に入りなプロダクトなんだとご理解いただけたのではないかと思います。

今年もブログをご覧頂きありがとうございました。

※Apple製品の購入は楽天リーベイツ経由でApple Storeで購入するのがおすすめです!

rentry(スイッチレンタル)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。