2020年 BESTBUYはこちらから

出先でも快適な作業を。ミニマルにまとめたiPadおすすめ周辺機器。

スポンサーリンク



ゆった

ゆった(@yutta_yukisaki)です。

どんな場所でも身軽に使えるiPad。今では必ず持ち歩いている必需品です。

出先で使用することをメインとしているiPadですが、あると便利なのが周辺機器たちです。充電器をはじめとしたアクセサリー類も厳選していくと、iPadの身軽さを損なうことなく持ち運びという面でも便利になります。

今回はノマドワークに活躍する「ミニマルにまとめたiPad周辺機器」をご紹介していきます。最近のゆったはこのスタイルで落ち着いています。必要なものを一つの場所にミニマルに収めてゆきますよ。

mont-bell ブリーフケース A4


まずはiPadを収納するためのケースからご紹介します。
ケースはアウトドアブランド、mont-bellのブリーフケースをずっと所有しています。サイズはA4サイズと、ひとまわり大きいB4サイズの2種類。

A4サイズは13インチのMacBookも入る大きさです。現在はiPad Pro11インチを収納していますが、以前はMacBook12インチを収納していました。
後述しますが、11インチのiPad Proに対してケースはひとまわり大きくなりますが他に収納したいアイテムがあるため余裕があって何かと便利です。

mont-bellのブリーフケースは丈夫なナイロンをベースに作られておりとても丈夫。生地は撥水、ジッパーには止水ジップが施されているため外部からの水濡れからはケースごと水没させない限り守ってくれるでしょう。

生地の一部に柔らかなスエードが貼られているのがデザイン的にも特徴があります。ブリーフケースとして手で持つ際にこのスエード部分を持つことになるのですが手に馴染んでくれるのが地味に好きなポイントです。

実は内部に簡易的な手提げが収納されており2in1の使い方もできます。

内部はサイドに複数のポケットが配置されているので細かな収納もOK。中身の見やすいメッシュポケット、繊細な機器を入れたいスエードが貼られたポケット、ペン専用ポケットなど使い勝手は抜群です。

外側にはメイン収納部分とは異なる別のポケットもあり、容量も大きいのでざっくりと放り込むような使い方もできますね。

使う場面を細かに想定したプロダクトデザインはさすがアウトドアブランドといったところで、使っていて満足感が高いお気に入りのケースです。
購入はモンベルの公式オンランショップから。

スポンサーリンク

Apple Pencilとシリコンケース


iPadを購入したら絶対に購入して欲しい「Apple Pencil」。iPadはデジタルノートとしての役割も十分にこなせるのでぜひ試して欲しいです。
最近、このApple Pencilに「専用のカバー」をつけることにしました、理由はApple Pencilをよく落としてしまうから。気がついてみると結構傷がついてしまっていました。

これからも長く使っていたいので、今更ながらですがシリコン製のケースを付けました。

衝撃に対しての対策はこれで十分でしょう。Apple PencilはiPad本体の側面にマグネットで固定し充電するのですが、シリコンケース越しでも問題なくくっ付きますし、充電もできました。カラーも豊富なので白一色担だったApple Pencilを自分の好みの色に変えることができます。

Magic Keyboard


iPad本体、Apple Pencilに続く三種の神器として「Magic Keyboard」もぜひ揃えて下さい。トラックパット付きでiPadをPCのように使うには必須アイテム。
便利な点は、Magic KeyboardにもUSB-Cの充電口がある点ですね。iPad本体の充電口に外部機器を接続しながらでも充電ができたりと使う場面が多々あります。

Magic KeyboardにiPadを装着した際にiPadの充電口とは逆サイドにMagic Keyboardの充電口があるのも優秀で、コンセントの位置に左右されず、スムーズな取り回しが可能。

Anker PowerPort Atom III Slim


所有しているiPad Pro11インチ2020年モデルは最大で30Wでの急速充電に対応しています。「Anker PowerPort Atom III Slim」はタブレットサイズの薄い形が特徴の急速充電器で、30Wの急速充電が可能です。急速充電器は昨今の技術の進歩で飛躍的にコンパクト化が実現しています。次々と新製品が発売される中でもこの形の充電器は珍しく貴重な存在。

薄いので収納時に重ねてもかさばりません。

iPadを最大出力で充電可能、かつこのコンパクトデザインの充電器はノマドワークには相性抜群です。

Anker PowerCore III 19200 60W


外出先やカフェなどで、電源難民になっても慌てなさるな。このAnker PowerCore III 19200 60Wがあればバッテリーの心配は無用だ。

19200mAhもの大容量なモバイルバッテリーを持つ意味は、バッテリー残量気にしながら過ごす生活からの解放である。

iPadとも相性がよく、iPad Pro11インチモデルにおいては1回以上の満充電が可能。

デザインも薄型で、ポーチに収納しても収まりが良いです。

エレコム ペーパーライク保護フィルム


iPadは画面が大きい分、ディスプレイの傷は気になります。

何かしら保護フィルムは貼りたいところですが、果たして何を貼れば良いのか。

上記で述べたように、Apple Pencilを用いる機会が多いiPad。「ペーパーライクフィルム」はその名の通り、書き味をまるで紙の質感に近づけることができる保護フィルムです。Apple Pencilで筆記をする際に引っ掛かりが生まれ、紙に書くを体感できます。表面はマットな質感で反射防止も気に入っているポイント。

「iPadをノートとして使えるのか」について書いた記事もあるのでご覧くださいませ。

Anker USB-C 2-in-1 カードリーダー


iPadでは一眼レフカメラで撮影したデータを写真現像アプリや編集アプリを用いて編集を行います。
その際にSDカードにある写真データをiPadに取り込む必要があるのですがその際に使うのがこの「Anker USB-C 2-in-1 カードリーダー」。

なんといっても小さい!写真を取り込む時間など一瞬で、限られた機能なのでかさばるものは持ちたくありません。SDカードとマイクロSDカードの挿入口に対応しています。接続はUSB-Cになるので、iPhoneには接続できないので注意して下さいね。

Anker PowerLine III Flow USB-C & USB-C ケーブル


たかがケーブル、されどケーブル。充電するためのケーブルというものは無くなりそうで無くならないものですね。

ケーブルもこだわりがいのあるアイテムの一つ。ケーブル類をポーチなどに収納していると何故なのかいつの間にか絡まっている。使うたびに絡まったケーブルをほどいて使うなんて時間の無駄だぞ!

Anker PowerLine III Flow」はシリコン製のケーブルで弾力がありしなやか。束ねておいてもそのしなやかさのおかげで自然とほどけてゆく。もうケーブルが絡むイライラからさよならできます。Flowシリーズはカラーリングも綺麗です。ゆったは美しいパープルを選びました。iPadにはUSB-Cのものを、iPhoneならlightening端子のものを選ぶことができますよ。

【まとめ】出先でも快適な作業を。ミニマルにまとめたiPadおすすめ周辺機器。

ご紹介してきたアイテム以外にもiPadを日常で快適に使うために色々と試しているのでiPadに関する他の記事もぜひご覧下さいませ。

あると便利なiPadの周辺機器のご紹介でした。参考になりましたら幸いです。

iPadを持ち運ぶのに最適!モンベル「タフ ランバーバック M」購入レビュー。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。